上山かかし消化機構

名湯『かみのやま温泉』を有する山形県上山市の蕎麦・ラーメン等グルメ情報、イベント、街の風景など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

清松園

住所:山形県上山市金谷1925-1【地図】
営業時間:9:00~18:50
定休日:日曜日、祝祭日
駐車場:あり(広い)
テーブル上の調味料:一味唐辛子、塩
ティッシュの有無:店内BOXティッシュ1コ
画像:天ぷらそば 400円、半ライス 50円

P1130703.jpg

国道13号沿いにある立ち喰い蕎麦屋さん(とは言っても、テーブルやカウンターそれぞれに椅子があるので立って食べてる人はいないが…)。隣のパチンコ屋から流れてくるお客さんや、昼時は車で移動している営業マンなどでかなり混んでいる。店内は10席ばかりある大きなカウンターと8人掛けのテーブル、奥には広めの座敷き(2卓)まであるので、慌ただしいイメージの立ち喰い蕎麦屋でありながらかなりのんびりできる。

P1130696.jpg

蕎麦は、こういう店定番のコシのない生麺。ツユも濃いめの懐かしい味。かきあげも“おいしい”“おいしくない”なんていう価値観を超越した「あ~はいはい」という感覚。唐辛子を多めにかけて、ゴゴゴッと力強くすするとフッと気持ちが落ちつく…そんな存在である。

メニューにオニギリとあったが、最近出してないらしく半ライスをすすめられた。ゆかり粉をかけてくれるのが地味に嬉しい。蕎麦の他に、うどん・きしめんがあり、各々、親子、とり、天たま、天ぷら、たまご、かけの6種類。価格は、350~500円で、大盛りは100円増し。

再来店の可能性:○

スポンサーサイト
  1. 2008/09/22(月) 12:12:12|
  2. 飲食店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川芳

住所:山形県上山市二日町7-10【地図】
営業時間:11:00~19:30
定休日:不定休
駐車場:あり(3台)
テーブル上の調味料:醤油、酢、胡椒、一味唐辛子
ティッシュの有無:店内BOXティッシュ1コ
画像:もりそば 550円、特製角煮ラーメン 750円、いか天中華 600円

P_1130575.jpg

上山の市街地を流れる前川のほとりにあるお店。お蕎麦・中華そば共に自家製麺であるというのが“売り”である。

P_113057_0.jpg

石臼挽きの蕎麦粉を使った細身の二八蕎麦は舌触り良く、蕎麦の香りがフワリと広がる。コシは強過ぎぬ程度、硬からず柔らからず。ツユはかなり鰹の風味が強く、しかし塩気が濃いというわけではないので蕎麦の香りを邪魔しない。季節によって変わる自家製の漬け物もおいしい。

P_1130572.jpg

個人的にここの中華そばはあまり好みではない。ボクには、ちょっとスープが薄く、麺も柔らかく感じてしまうのだ…しかし、この味が好きだという知り合いもいるので、柔らかい味がお好きな方はハマるかもしれない。

ka_wa_2.jpg

ka_wa3_3.jpg

他のメニューは、冷たい蕎麦、温かい蕎麦、手打ちうどん、中華そば、冷たい中華、丼物とかなり品数豊富。特に冷たい中華が、みそ冷し、冷たい天ぷら等7種類もあるのは珍しい。ちなみに、出前では扱わないというサービス品の板そばは850円。食いしん坊に嬉しいセット物も数種類あるが、900~1000円と少々高めの価格設定でした。

P_1130573.jpg

再来店の可能性:○

 
  1. 2008/09/20(土) 12:12:12|
  2. 飲食店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕焼け

yuuyake.jpg

9/18、19と2日間、夕焼けが物凄くキレイ…というか、ドギツイというか…とにかく凄かった。まっかな光に照らされて、建物も車も皆まっかに染まっていて、ちょっと怖いくらいだった…

 
  1. 2008/09/19(金) 12:12:12|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

末広食堂【閉店】

住所:山形県上山市高野42-2【地図】
営業時間:11:00~19:00
定休日:火曜日
駐車場:あり
テーブル上の調味料:コショウ、一味唐辛子、酢、ラー油
ティッシュの有無:店内1コ
画像:チャーシューメン 650円、みそラーメン 650円

P_1130519.jpg

国道13号より蔵王方面に少し上がった場所にあるひなびた食堂。その雰囲気ある外観からか、1999年に公開された『流★星』という緒方拳主演の映画のロケ地として使われている。店内は小さめのテーブルが4卓(うち1つは、レトロなテレビゲーム台)と小上がりが1つ、奥に個室の座敷きもある。

P_1130507.jpg

P_1130510.jpg

中華そば(550円)とわずか100円ちがいのチャーシューメンに焼豚は5枚。味はそれほど濃くないが、しっとりとした豚肉の旨味が優しくおいしい。スープは、鳥豚魚どれかが目立ってるわけでなく脂もそれ程多くないアッサリしたもので、醤油よりダシの風味を強く感じる。麺は中細で軽いウェーブ…コシの強さはないが悪くない。コリコリのメンマも丁寧な仕事が伝わり嬉しい。

P_1130514.jpg

みそラーメンは一瞬「お?」とひるむルックスで、炒め野菜などの入らない所謂“みそ中華”かな?と思ったが、チャーシューやメンマの下にはキャベツ・キクラゲ・シイタケ etc...茹で野菜が潜んでいた。スープは、やはり味噌よりダシの風味を強く感じるタイプ。麺は中華そばと同じく中細。具沢山で、ちょっとした五目ラーメンのようなみそラーメン。

P_1130518.jpg

他のメニューは、冷たい蕎麦、温かい蕎麦、丼物、夏季限定(5~10月)で冷し中華(冷しラーメンは通年あり)、冬季限定(11~3月)で鍋焼うどん等のうどん関係がありました。大盛り100円増し。

再来店の可能性:△

 
  1. 2008/09/18(木) 12:12:12|
  2. 飲食店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。