上山かかし消化機構

名湯『かみのやま温泉』を有する山形県上山市の蕎麦・ラーメン等グルメ情報、イベント、街の風景など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ここ

住所:山形県上山市十日町2-6【地図】
営業時間:18:00頃~客入次第(お客さんがいれば遅くまで、いなければそれなりに)
定休日:不定休
ティッシュの有無:おしぼり
駐車場:なし

P1150085.jpg

十日町通り、上山こけしさんと並びのテナント…というより長屋って感じの場所にあるお店。その鄙びた外観と不思議な店名、ずいぶん遅い時間に通りがかっても営業してるのを何べんか見かけた事も気になっており、以前から一度入ってみたいと思っていた。

朝から降り続いていた雪が、陽が暮れてやっと弱まった寒い夜、他の店でそれなりに飲み食いした後「ちょっとのぞいてみようよ」と連れを誘い、念願の暖簾をくぐった。「あら、いらっしゃい」とにこやかに迎えてくれたのは、作務衣のような洒落たデザインの仕事着を着たおかあさん。店内にお客さんの姿はない。「何飲みます?」「じゃ、寒いから熱燗お願いします」「はい、ちょっと待ってね」テキパキと徳利を用意するおかあさんを眺めながらカウンターに腰を降ろし、温かいおしぼりで顔をぬぐってひと息つく。「はい、おまたせ」と徳利が突き出され、お酌していただいたお酒をキュッと空ける、ぬる燗だな「ちょっとぬるかったかしら?」「ええ、でもこれで大丈夫です」「ちょっと待ってね、いま熱めのつけるから」「や、これ空いてからでいいですよ~」「うん、大丈夫大丈夫」何が大丈夫なのかは分からないが、新たに徳利を2本ヤカンに入れている。

「はい、ど~ぞ」とつがれるお酒をキュッキュとやりつつ、おかあさんの話を聞く。なんでも本業は三味線のお師匠さんで、今日も早い時間はお座敷に出ていたとか…店奥の低いイスに布袋へと入れられた三味線がストンと置かれている。「それでお客さんに飲まされちゃって、さっきまで酔ってたのよ」と言って笑う。カウンターの隅に置かれたタウン誌を手にとると、自分の写真の載ったページを開いて手渡してきた。幾分美人に見える写真を眺めながら「へえ~すごいですね~」と驚いてみせると、手元の漬物に包丁を入れながらニコリと微笑んでいる。

P1150089.jpg

前の店でそれなりに腹は膨らんでいたので、特に何も肴はいらなかったのだが、おかあさんは「今日は何もないのよね…ごめんなさい」と詫びながら漬物ばかり三皿も出てきた。連れは漬物苦手なので箸をつけてなく、やんわりと「もういいです」とも言ったのだが、うまく伝わらなかったようだ…その後も、絹ごし豆腐をダシ汁で温めただけという“暖かい冷や奴”みたいなのも作ってくれた。おかあさんのお酌攻撃はやむことなく、それから逃れようとしたのか、連れが「ビール飲みたい」と言い出すと、瓶ビールの栓を2本ばかりスポポンと抜く「いや、1本でいいんですけど」「うん、大丈夫大丈夫」おかあさんは笑顔のまま「はい、ど~ぞ」とグラスを差し出しまたお酌。

P1150092.jpg

わずか1時間ばかりで随分お酒もビールも空いてしまったので、さすがにちょっと怖くなり店を出る事にした。お会計は1人2千円弱と危惧する程高くはなくて一安心。おかあさんが聞かせてくれた、上山の華かりし時代の芸妓さんやお座敷のエピソードは実に興味深く、ネットや文献では知る事のできないギラッとリアルで、それでいて当然主観的な脚色のなされた夢物語のようで、ホント楽しい一時だった。ただ、お話し好きなおかあさんを放置して、客が連れ同士で話し込むのはあまりお気に召さないように見受けられる場面もあったので、今度は独りで来て焼酎のボトルでも入れチビリチビリやりながら、夜通しおかあさんの上山今昔話を聞いてみたい…そんな風に思ったりした。その時は、聞き忘れてしまった店名の由来もぜひ聞かねば!

再来店の可能性:○

 
スポンサーサイト
  1. 2008/12/27(土) 12:12:12|
  2. 居酒屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

こうや食堂

住所:山形県上山市高野字高野原397【地図】
営業時間:10:30~19:00
定休日:月曜日
テーブル上の調味料:胡椒、七味唐辛子、醤油
ティッシュの有無:店内いくつかBOXティッシュ
駐車場:あり
画像:ラーメン 550円、味噌ラーメン 650円、ざるそば 550円

R0010231.jpg

蔵王のお釜へと続くエコーラインの入口にある食堂。大きな水車や、かかしが店前に立っていたり、夜はネオンが輝いてたりと目を引く外観である。

R0010230.jpg

店内は、テーブル席と広めの座敷きは民芸調の雰囲気。

R0010227.jpg

ラーメンのスープをひとくちすすると、フワッと節系の香りが広がり後から動物系のコクが深みを与えてくれる。塩気や油は多くなく少なくなく…最初の節系のインパクトがなかったらかなり平凡な味だろうが、塩気や油に頼る事なく上手に印象に残るスープを作り出している。中太ストレート麺は、プリプリで若干柔らかめの茹で加減。チャーシューは、バラとモモが一枚ずつ…しっとりしていておいしい。ちなみに、チャーシュー麺は650円と格安オススメ!

R0010221.jpg

味噌ラーメンは、しっかりした味付けのスープに豚バラ肉の入った野菜炒めがたっぷり!麺はラーメンと同じ中太ストレートで、なかなかボリュームがある。山形の正しき味噌ラーメンという感じ。

CA3A0035001.jpg

ざるそばは、黒くて太くてボテッとした田舎蕎麦。茹で加減は悪くなく丁寧に水でしめてあるが、蕎麦粉少なめのタイプなので香り等はあまり感じない。

カレーラーメン(650円)を食べた事もあるのだが、普通のラーメンの麺とスープにカレーライスのルーをデローンとかけてあるだけのタイプで、個人的に残念だった。胡椒が、定番のギャバンとめったに見かけないマルコポーロ両方あるとは珍しい。

R0010218.jpg

他のメニューは、ラーメン各種、冷温それぞれ蕎麦とうどん、ドンブリ系、定食は野菜炒め(700円)と天ぷら(800円)、餃子(350円)、セットメニューは+200でおいなりさん、+350でミニ牛丼かミニカレーが付く、大盛りは各100円増し。

再来店の可能性:○

 
  1. 2008/12/26(金) 12:12:12|
  2. 飲食店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

モントレーふくや【向かいに移転】

住所:山形県上山市石崎2-2-1【地図】
営業時間:7:30~19:00
定休日:日曜日
駐車場:なし
画像:チクワパン(明太子)150円、チクワパン(納豆)150円、上山かかしみそパン 100円

R0010193.jpg

石崎にある手造りパン屋さん。以前から、お店の前に立つ「名物 チクワパン」「上山かかしみそパン」という2本のノボリが気になっていたので、いっちょ試してみるかとお店に入ってみた。ショーケースにはケーキ、店内グルリとある棚には色々なパンがズラリと並ぶ…ボリュームのあるサンドイッチ系の調理パンが結構種類多いな…お、揚げ立てのフライドチキンと立田揚げが並んでいる。

端から端まで見回したがチクワパンもみそパンもない…あれ?と、焼き上がったばかりのパンを運ぶトレーにそれらしき姿が!忙しく動き回っていたお姉さんに訪ねると「そうです、これがチクワパンです」と説明してくれた。驚いた事に何種類もあるのね…ゴボウ、カニサラダ、ツナ…その中から見栄えの良かった明太子と変わり種っぽい納豆をチョイス!「あの~かかしみそパンは?」と聞くと「あります!」とのこと、何でも冷凍してあってお願いすると調理場から出してくれるとか…店頭にのぼりまで立ってるのに、頼まないと出てこないとは何とツンデレな…

R0010200.jpg

そんなこんなで、手に入れたチクワパンのまずは明太子を実食。

R0010206.jpg

パカッと割ると中身はこんな感じ…ズドンとおわしますチクワの中に明太子を和えたポテトサラダが入ってる。どう考えても異種混合なチクワとパンだが、これがなかなかうまい!しかも、チクワと明太子が海のもの同士、妙な相性の良さが発揮され味にまとまりがあり、もっちりしたパンとしっとりなチクワも不思議とケンカしていない…あれ?これは、好きかもしれない。

R0010207.jpg

納豆は、まあ「ああ、はいはいなるほど…」という、何をどうしても納豆が勝っちゃう味。だけど、こちらもチクワがパンと納豆の間を取り持つ良い仕事をしていて、なかなかいける。女性やお子さんには向かないかもしれないが、個人的には納豆にたっぷりめのカラシを和えて、食べるたべにツンとくるような味付けにしたら、かなりおいしいのでは…なんて考えてしまった。

R0010195.jpg

R0010197.jpg

かかしみそパンは、所謂昔ながらの“みそパン”でした。素朴な味わいながら、味噌をはじめとした香辛料の風味が口に広がりお茶うけにピッタリ。千葉の実家への手土産に、ちょっと乾き物をと考えてもクッキーやせんべいじゃ面白くない…なんて思案しておりましたが、次回は是非これでいってみようと思いました。常温でも2週間持つというのも嬉しい。

R0010198.jpg

にしてもチクワパン…食べるとクセになるのは間違い無いと思うんだけど、食べるまでのハードルが高めなのが気がかり。なんとかそこを乗り越えて末長く看板メニューであっていただきたい。

再来店の可能性:○

 
  1. 2008/12/23(火) 12:12:12|
  2. 商店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

民宿 武蔵

住所:山形県上山市弁天1-8-30-1【地図】
営業時間:11:00~20:00
定休日:不定休
テーブル上の調味料:醤油、ソース
ティッシュの有無:店内BOXティッシュ1コ
駐車場:あり
画像:カツカレー 300円、カツ丼 300円、しょうが焼ライス 300円

musasi4.jpg

あれは3年前…上山の食べ物屋情報をネットで調べていたら「カツカレー380円の店が弁天にある」というカキコミを見つけ、半信半疑でその店を探しだしたら驚いたことに380円どころか300円になってて腰を抜かしたという…そんな思い出の店です。原油高騰などのあおりをうけ上山の飲食店の多くが今年50~100円の値上げをしましたが、ここは相変わらず全品300円!本業が民宿とはいえ、上山とか山形の枠じゃなく全国レベルで「驚愕の価格破壊ランチ!」と取り上げられてもおかしくない店だと思います。

R0010253.jpg

カツカレーのトンカツは基本的に揚げ立てサクサク、それなりに厚みもあっておいしい。カレーは割とサラサラしてるタイプで、本格的な洋食屋さんのコッテリしたカレーのようなコクはありませんが、逆に胸焼けのしない、カツカレーなのにスルスル食べれてしまうのが嬉しい仕上がりになってます。普通に750円と言われても疑問を感じない、何故300円で出せるのか何度食べてもわからない激安メニュー。

R0010255.jpg

カツ丼は、寿司桶に盛られてます。甘辛い味付けで玉子にはしっかり火が通ってます。おばあちゃん家に遊びに行ったら、出前でとってくれたカツ丼!そんな懐かしい味と感じました。

musasi_syougayaki.jpg

一度、時間が無い時があって「一番早く出せるのください」とお願いしたら「じゃあ、これ!」と出てきたのがしょうが焼ライスでした。まあ、濃いめのしょうがタレで焼かれた豚肉が白飯にマッチしないわけなく当然おいしかったのですが、やはりカツカレーと比べちゃうとボリューム不足は否めず、この時一度きりしか食べていません。

他のメニューは、ハンバーグライス、トンカツライス、かきフライ、豚焼肉ライス。写真はないのですが、ハンバーグライスもよく注文するメニュー、たっぷりの特製ソースがかかっており白身魚のフライまでついていて、これも何気にカツカレーに負けず劣らずのボリュームメニューだったりします。みそ汁(100円)は「カツカレーが300円なんだから、その1/3の値段するみそ汁もボリュームたっぷり具だくさんだったりして?」と期待して注文した事があったのですが、いたって普通の椀に盛られた普通のみそ汁でした…具もネギとお麩とか。全品100増しで大盛りにできますが、これもそれ程「普通盛りだと少なめ!大盛りだと満腹!」みたいなちがいが大きく実感できるわけではないので、最初の頃は大盛りにしていましたが最近はずっと普通盛りでいただいてます。

民宿の玄関が通りに面してるわけでなく、玄関に暖簾が出ているわけでもないので、入りずらさはあるのですが、ぜひ多くの方に利用いただき「これで300円?」と驚いていただきたいお店であります。

再来店の可能性:○

 
  1. 2008/12/22(月) 12:12:12|
  2. 飲食店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

上山市役所 地下食堂

住所:山形県上山市河崎1-1-10【地図】
営業時間:11:30~14:00
定休日:土日及び市役所の休日
テーブル上の調味料:あったりなかったり…受け渡しカウンターに置いてある調味料を、その場でパッパと使うのが基本。
ティッシュ:なし
駐車場:あり
画像:ラーメン(大盛)450円、味噌ラーメン(大盛)500円、カツカレー(大盛)530円

P1040338.jpg

上山市役所の地下食堂、職員以外も利用できるのでたまに使わせていただいてます。ちなみに食堂の向かいには、17時までやってる売店もあり。一番人気は、日替わり定食(450円)なのですが、それ以外のそばやうどん、ラーメンなどもなかなかおいしく、しかもそれぞれ大盛りは50円増(ここ重要!)とお得です。

R0010178.jpg

ラーメンは、スーパーなどのフードコーナーとラーメン店の中間くらいの雰囲気。それなりにダシは感じるし、いかにもケミカルな業務スープの香りが強いわけではないけど、本格的とまではいかない。麺はプリプリでなかなか良い茹で加減。いつも同じパートの方が茹でてるとは限らないので、ムラはあるかもしれないけど、ボクは「ゲゲッ、これはないでしょ…」たいなのに当った事はありません。

P1040327.jpg

味噌ラーメンは、たっぷりの野菜と豚コマ肉がのってグッとボリュームがある。受け渡しカウンターに、蕎麦猪口に入った辛味噌があるので、受取ったらスグにその場でドチャッとかけるべし。

P1040331.jpg

変に期待するとプラスティックの器って時点でガクッてなるけど、期待しなければ「悪くないじゃん」て思えるかと…ボクは思えました。大盛りにした量は1,5玉って感じで、食いしん坊にとっては満腹になる手前のちょうどいい重さです。

P1150103.jpg

カツカレーのカツは、厚みはないけどサクサクしてて悪くない。カレーは、大きめの具材がまばらに入った家庭のカレーに近いお味で、後がけのソースが実にマッチする。本格的なお店のカレーのようにコッテリしてないので、カツカレーのくせに胃もたれる事なく満腹感にひたれるのが嬉しい。セルフサービスでよそえる味噌汁もいただけますが、時間が遅いと無くなっちゃってたりもします。

他のメニューは、そばやうどん、ざる中華など…大盛りよりさらにボリュームを求める人は、味噌ラーメンの上に天ぷらうどん用のカキアゲを単品注文でのせてもらうって手も…や、やってる人を見かけた事があるのよ。んで、かきあげ味噌ラーメンにしても、お値段550円という安さ!やっぱ、大盛り50円てスゲエ!

再来店の可能性:○

  1. 2008/12/19(金) 12:12:12|
  2. 飲食店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高松観音 裸もちつき

R0010126.jpg

豊作に感謝し、無病息災、家内安全を祈願する年越し餅つきで、毎年この時期、高松観音近くの集会所で催されている。集会所の駐車場が使えず、近くに車を停める場所がないので、なかなか来ずらいが、逆に地元の人達でグワッと盛り上がってる様子が見れて楽しい。

R0010131.jpg

観光案内とかには書かれていないけど、太鼓と餅つきのリズムにあわせてマイクを持った音頭とりのじいちゃんが、めちゃめちゃエロい唄…っていうか節に合わせて語るような唄を、まるでラップのように歌っている。バリバリの上山弁なので、ボクには半分も解らないが、じいちゃんの表情といい歌い方といいすっごくエロくて超面白かった。

R0010132.jpg

餅がつきあがると、最後に千本杵でグワッと高くかかげる。写真で見ると単に餅を持ち上げてるだけだが、現場で見ていると湯気のあがったアツアツの餅が勢いよく臼から飛び出してくる様子はドキッとするくらい迫力があった。さすが、市の無形文化財だと納得。

 
  1. 2008/12/18(木) 12:12:12|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もり久【閉店】

住所:山形県上山市軽井沢1-7-1【地図】
営業時間:11:00~21:00
定休日:月曜日
テーブル上の調味料:胡椒(ギャバンホワイト)、一味唐辛子、辣油
ティッシュの有無:店内いくつかBOXティッシュ
駐車場:あり
画像:ラーメン 600円、味噌中 650円

R0010148.jpg

旧国道13号線沿いにあるお店。上山の出身の人と“おいしい中華そば”の話しをすると、かなりの頻度でこの店の名前がでてくる。店内は、壁際に荷物が雑然と積まれていたり、床が少しベタついたりと難アリだが、天井が高くテーブルや座敷席も広い。

R0010135.jpg

ラーメンは、600円と少々高めに感じる値段設定だが、ゆかり粉のオニギリとカラアゲ、ヤクルトまでついてくるので普通のラーメンというよりセット物のようである。

R0010141.jpg

スープは、あっさり系で醤油や塩気よりダシの味が強いタイプ。コッテリとか激辛みたいなラーメンを好む人には薄く感じるかもしれないが、逆に年配のファンが多いのもうなずける気がする。太さにバラつきのある手打ち麺はツルツルプリプリで美味!チャーシューは1枚だけだが、厚めに切られており煮豚のしっとりとした食感を楽しむ事ができる。赤いナルトがかわいらしい。

R0010139.jpg

味噌中は、炒め野菜等ののった味噌ラーメン(750円)とは別の、トッピングがノーマルのラーメンと同じ味噌中華そばである。スープをひとくちすすると、ニンニクの香りがフワッと広がるがこちらもかなり薄味で、プリプリの麺にスープがどうしても負けてしまう。ラーメンと同じく、オニギリ・カラアゲ・ヤクルトがセットになっていた。

R0010143.jpg

他のメニューは、薄くてチュルチュルのワンタンがたっぷり入ったワンタン麺(700円)や、そばやうどんが何品かあります。大盛りは100円増し。

再来店の可能性:○

 
  1. 2008/12/17(水) 12:12:12|
  2. 飲食店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

カミン X'masコンサート

R0010151.jpg

12月14日(日)カミンの広場で、毎年恒例の上山吹奏楽団による『カミン X'masコンサート』が行われました。お馴染みのX'masソングをはじめ、今年話題になった曲の演奏やイントロクイズ、飛び入り指揮者コーナーなど観客の方達も参加しながら楽しめるコンサートでした。

やっぱり楽器の生音の迫力は、いいものですね。買い物途中に足を止め聞き入ってるお客さんや、2階の柵にもたれリズムに体を揺らしている年配の方など、色んな人が色んな形で楽しんでいる姿を目にするとあまりに単純明快な音楽の素晴らしさみたいなものを実感します。

R0010157.jpg

 
  1. 2008/12/15(月) 12:12:12|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いわた 追記

P1150127.jpg

画像:味噌ラーメン 600円

さっそく味噌ラーメンを食べてきました!が…まあ、ボクが行ったタイミングも悪かったんでしょうが、ちょうど大口の配達がたくさん入ってたようで、ばあちゃんがかなりテンパっており、この日はじいちゃんも配達要員としていたのですが、お年がお年だけにキビキビしてるというわけでなく、厨房からばあちゃんが激しく叱咤したりとかって感じで、そんな「こっちの7杯はドコソコだよ!」「こっちの味噌が入った6杯はドコソコ!」みたいな状態の中で作られた1杯…恐れてはいたのですが、やはり残念なシロモノでした。クタクタに煮えた少量の野菜と、麺も少なめで今回もちゃんとほぐれていなかった…薄めのスープだけはたっぷり…

今度からは、入店したら「忙しいですか?」って一言聞いてからイスに座る事にしよう…中華そばがおいしかっただけに期待し過ぎてしまった…残念!
  
  1. 2008/12/14(日) 12:12:12|
  2. 飲食店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いわた

住所:山形県上山市弁天1-11-54【地図】
営業時間:11:30~19:00頃
定休日:不定休
テーブル上の調味料:なし
ティッシュの有無:店内いくつかBOXティッシュ
駐車場:あり
画像:中華そば:大盛 600円(普通盛は500円)

P1150124.jpg

ガストなどがある弁天の変型交差点近くのお店。正面の外壁には“お食事処”とあるが、薄らと“ドライブイン”という文字も見える。それほど駐車場が大きいようには見えないが、以前はドライブインだったのだろうか?

P1150112.jpg

店内は、かなり雑然としており苦手な人はかなり苦手であろう雰囲気。厨房カウンター付近は山積みの書類や、食材、調味料が無秩序に散乱しているがテーブルの上はキレイなのがせめてもの…や、佐竹製麺のケースがドンと置いてあったり、食べかけの漬物が放置してあったりはするが…座敷きには何故かコタツ。

P1150114.jpg

かなり空腹だったので、中華そばを大盛りで注文しキョロキョロしながら待つ。どうやらばあちゃん1人でやってるお店らしく、注文を聞くとそのままばあちゃんが厨房で作りはじめた。小さなストーブがひとつきりなので、店内はかなり寒い…テレビはNHK。

P1150108.jpg

しばらくすると、ばあちゃんがゆっくりとドンブリを運んできた。店内がこんな感じなので、少々不安もあったが意外に端正なルックス。ドバッとのった白ネギが眩しい。レンゲを手にして、たっぷり張られたスープをひと口すするとフワッと生姜の香りが広がる。味は濃すぎず、脂も多過ぎないゴクゴク飲めてしまうタイプのスープ。中太のちぢれ麺が、ドンブリの中にぎっしり…2玉近く入ってるんじゃないかしら?大盛りじゃなくても良かったかも…ただ、多過ぎて下の方にちゃんとほぐれてない部分もあって、ちょっとゲンナリ…茹で加減は、悪くないが幾分柔らかめ。

P1150110.jpg

メンマが自家製では無さそうだったのが残念だが、薄味でしっとりしたチャーシューがなかなか美味しかった。厚めに切ってあり、しかも5枚も入っていた。溶けるタイプの海苔をレンゲですくってみたり、途中で胡椒を足してみたりと味を変えつつ、スープは結局ほとんど飲み干してしまった。

P1150122.jpg

何故か一緒に出てきた豆腐…どこのお店のものかは分からないが、固めで大豆の味が強く、湯豆腐とかちゃんとした冷や奴にしたらさぞかしうまいだろうな…と妄想しつつ、ちょっと酸化した醤油をちょぼちょぼかけて食べた。コショウやティッシュは中華と一緒にばあちゃんがテーブルまで持ってきてくれた。

他のメニューは、味噌ラーメン 600円、チャーシューメン 600円、焼そば 550円、月見うどん 550円、野菜炒定食 700円、炒飯 550円、御酒 300円等…どれも気になる!上から目線で語るようで少し気がひけるが、こういう店内が雑然としたお店って、出てくるものの味も雑然としている傾向が強いように…ボクの拙い経験から思っていたのだが…例えば、麺が熟成し過ぎている香りとか、さっきの豆腐用に出て来た醤油の劣化臭みたいなのが、スープに残ってたりとか…でも、ここの中華そばはやけにキレイな味だった。不思議…近日中に味噌ラーメンにトライせねば!と強く思いました。

再来店の可能性:◎

 
  1. 2008/12/12(金) 12:12:12|
  2. 飲食店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一寸や【閉店】

住所:山形県上山市二日町9-3【地図】
営業時間:17:00~23:00
定休日:不定休
テーブル上の調味料:醤油、七味唐辛子
ティッシュの有無:おしぼり
駐車場:なし

P1150058.jpg

カミンの向かいにある、上山の居酒屋さんの中ではかなり大きいお店。店内には、大きなカウンターと3ヶ所に分けられた座敷席があり、宴会などの時は個室的に使わせてもらう事もできそう。特筆すべきは料理の種類!壁に貼られてるだけでもザッと50種以上。特に珍しいものや洒落たメニューがあるわけではないが、刺身~焼物~揚物と居酒屋の定番と呼べるラインナップはほぼ網羅してるのではないだろうか?値段は400~500円位の物が多く、激安とまではいかないがそれなりにボリュームがあるので満足度は高い。生ビールは480円、熱燗(2合)600円、ボトル焼酎(爽やか金龍)2,000円。

P1150071.jpg

【いか下足唐揚 350円】衣サクサクでイカは柔らかいという基本に忠実な下足唐。1人じゃ持て余すであろう量。

P1150063.jpg

【とりの唐揚 400円】とり唐もサクサクフワフワ。定番過ぎて逆にはずしてしまいがちだったりするが、いざテーブルに置かれると皆同時に箸を伸ばしたりする。

P1150067.jpg

【ねぎとろ 400円】写真的にボリュームがわかりずらいが、小鉢に結構たっぷり入ってて満足できる量。味はいたって普通。

P1150078.jpg

【もずく酢 300円】量は多い味は普通。

P1150073.jpg

【ロールきゃべつ 400円】思いの他しっかりとそれらしいのが出てきて驚いた。

P1150082.jpg

【牛ホルモン炒め 500円】量・質・味付け共にバランスの良い普通においしい野菜炒め。昨今の居酒屋料理の方向性として、例えばホルモンとかだったらもっと辛かったりニンニクが効いてたり…というインパクト方面に走る傾向があると思うし、自分自身も正直そういうメニューの方が惹かれるという実感がある。のだが、実際こうして食べてみると全然こっちの方が箸が進むのよね…

酒席ではタバコとグラスの往復に忙しく「少しは料理も食べて」と妻に叱られるボクだが、この店では随分箸が進んだし食べる事ができた。不思議…というか、何かあるんだろうなと思う。酒飲みが食べたくなる塩分量みたいのが…そして、その秘密の数式をこの店の御主人は知ってるんじゃないかな?という気がする。“名居酒屋”なんて奉られる事はないかもしれないが、看板にある通り『おらだの町の おらだの居酒屋』の名に恥じぬ、いつもここにあって欲しい いつもと変わらぬ普段着の居酒屋だと言えるだろう。

再来店の可能性:○

  1. 2008/12/11(木) 12:12:12|
  2. 居酒屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蔵王弁当

住所:山形県上山市弁天1-8-17【地図】
営業時間:7:00~22:00
定休日:不定休
駐車場:あり
画像:からあげ弁当 420円、ハンバーグ弁当 380円

P1150040.jpg

上山市唯一のできたて弁当専門店として人気のある『蔵王弁当』!ボリュームあって、なかなかおいしいという噂を何度か耳にしていたので、期待しつつ初利用!

P1150048.jpg

からあげ弁当は、軽めで味のしっかりしてるサクサクの衣と柔らかいチキンが印象的!パックぎっしりのゴハンがボリュームあって、いい感じ。

P1150051.jpg

ハンバーグ弁当は、冷凍モノをフライヤーで揚げたって感じでちょっといただけない。ソースも市販の小袋で印象は良くない。むしろ、このハンバーグを玉子でとじたハンバーグ丼(500円)の方が当りだったかも!

他のメニューは、のり弁当(320円)をはじめとした定番ラインナップに加え、おかゆ320円、シューマイ弁当430円、チキンライス420円などの独創的な品々もありました。おかゆ…気になる!

再来店の可能性:△

 
  1. 2008/12/10(水) 12:12:12|
  2. 商店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

真冬の怪談ナイト in かみのやま温泉

inagawa1.jpg

『かみのやま温泉開湯550年記念
 稲川淳二 真冬の怪談ナイト
       in かみのやま温泉』

2009年1月25日(日)20:30開演
日本の宿 古窯 コンベンションホール
前売券2,000円(当日2,500円)
※開催当日、上山市内の旅館に御宿泊のお客様は入場料無料!

詳しくは、観光協会の特設サイトをご覧ください。

 
  1. 2008/12/09(火) 12:12:12|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大漁

住所:山形県上山市石崎1-8-34【地図】
営業時間:11:30~14:00、17:00~23:00
定休日:不定休
テーブル上の調味料:醤油、唐辛子
ティッシュの有無:おしぼり
駐車場:あり
画像:昼のランチ 500円

P1150033.jpg

市役所にほど近い、新鮮な海産物をウリにしている居酒屋さん。昼間はランチもやっている。メニューは『昼のランチ 500円』『海鮮丼 1200円』『刺身定食 1200円』『煮込定食 640円』の4種類。500円とお得な昼のランチをいただいた。

P1150025.jpg

鮭の西京漬けをメインに、菜っ葉の煮びたしと菊のおひたしの小鉢、おみつけ、ご飯、味噌汁という布陣。個々の料理は美味しく、魚屋さんで買ってもそれなりの値段してしまう西京漬けを500円の定食で食べられるってだけでも充分お得なのだが、揚げ物やセットメニューじゃないとガッツリ食べた気にならないような食いしん坊には物足りなく感じてしまうのもまた事実…なので、若者より年配の方に喜ばれるランチであると言えよう。

壁にあまり居酒屋メニューは貼ってなかったので、きっと夜になると黒板に『本日のオススメ』がずらっと並ぶのであろう。わずかに貼られたメニューの中の『めどろぬか漬焼 300円』というのが気になったので、帰宅後ネットで検索してみたのだが“めどろ”なるものは何もヒットしなかった…読みちがえたのだろうか?漬けてる上に焼いてる事や安価な事…妙に気になるではないか!次回は是非“めどろ”の事を確認しつつ、居酒屋として利用させていただこうと思った。

再来店の可能性:○

 
  1. 2008/12/08(月) 12:12:12|
  2. 居酒屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

hokora1.jpg

矢来橋近くの駐車場にある“祠”。川脇だから水神様を祀ってあるのか?もっと別の謂れがあるのか?何の祠かはわかりませんが、そうとう古くかなり劣化しています。こないだ、偶然この辺りの洪水時の古い写真が掲載されたサイトを見かけました。木造の川芳さんがすっかり浸水してたりと、面影があって興味深く拝見させていただきました。

 『洪水被害写真集~羽州水害の記憶~』

 
  1. 2008/12/05(金) 12:12:12|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

抹茶庵

住所:山形県上山市河崎2-4-12【地図】
営業時間:11:00~20:00
定休日:不定休
テーブル上の調味料:一味唐辛子、胡椒、辣油
ティッシュの有無:店内あちこちBOXティッシュ
駐車場:あり(店脇せまめのスペース)
画像:もりそば(大盛り)650円、ラーメン(中華そば)550円、味噌ラーメン 650円

matcyaan1.jpg

コマレオとバスターミナルの先、三叉路の角にあるお店。それほど大きくもキレイでもない普通の町のお蕎麦屋さんだが、商品のクオリティ、品揃え、価格とのバランスから考えて個人的に上山で一番のお店だと思っている。ただ、すごく残念…というかしょうがない事なのだが、今年の原油高を始めとしたコストの高騰によって、近隣のお店同様50円値上げしてしまったのだ。値段が安けりゃいいというものではないが、この美味しいお蕎麦がたっぷり食べられて600円ポッキリというのは、実にインパクトがあっただけに残念…しょうがないけど残念。

P1090400.jpg

ちょっと青みがかった蕎麦は、太さにばらつきがあり手打ち手切りである事を主張している。2、3本たぐってツユをつけずにすすると、まずは蕎麦の匂いがフワリと広がり、咀嚼と共にクルミのような香ばしい風味がやってくる。ツユにひたしてズズッ、本ワサビをのせてズズズッ、基本的にツユと蕎麦だけというシンプルな世界の中で思いのほか多彩な味を感じられて嬉しい…蕎麦徳利につがれてくるツユが多めなのも満足感の底上げに一役買ってる。

matcyaan3.jpg

ラーメンの澄んだスープは、ダシと醤油のやわらかいお味。お蕎麦屋さんの中華としては、それほど甘味が強くないタイプ。脂もしつこくなく、それでいて足らなくもないスルスルと食べられる絶妙なバランス。麺は強過ぎないコシがあって、でも粉くさくないというベストな茹で加減。トッピングもそれぞれ丁寧な仕事が伺える。

P1150022.jpg

味噌ラーメンは、寒い時期来店する多くのお客さんが注文してる人気メニュー。スープは、味噌が強過ぎないダシと野菜の甘味が前面に出てくるスタイル。豚やニンニクの深い香りと、麺を動かすとフワリと浮いてくるたっぷりの挽肉がコクを与えている。

P1150024.jpg

麺はちょっと柔らかめだが、コシはちゃんとある。野菜が多くてボリュームはかなりのもの、2枚入ったチャーシューはそれぞれ別の部位の肉なので、ちがった食感が楽しめる。

P1090300.jpg

他のメニューは、温かい蕎麦やドンブリ類。夏場は冷やしラーメンと冷中華、冬場はうどんを扱ってるそうです。大盛り100円増し。

再来店の可能性:◎

 
  1. 2008/12/03(水) 12:12:12|
  2. 飲食店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。