上山かかし消化機構

名湯『かみのやま温泉』を有する山形県上山市の蕎麦・ラーメン等グルメ情報、イベント、街の風景など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

奪衣婆

P1140790.jpg

生居をつらぬく一本道、お堂の向かいに笠をかぶった奪衣婆(だつえば)がいる。三途川の渡し賃である六文銭をもたずにやってきた亡者の衣類を剥ぎ取るという老婆の石像である。奪衣婆は、ルックスもその仕事も恐ろし気な存在ではあるが、江戸時代から民間信仰の対象とされ、例えば子供の虫封じや咳止めの霊験があるとされ、こうして街角に石像が立ち皆に手を合わせられる存在でもある。口元が劣化してしまってるのか、ちょっと笑ってるように見えるとこが可愛らしい。

P1140791.jpg

すぐ脇にお酒が供えられた石塊があった。手前に錆びた鉄製の看板があり『三度栗』と書かれていたので、なんだろう?と思い調べてみたら、何でも『三度栗』とは“年に三度も実る栗の木”の事で、日本全国に何ケ所かこういった(空海とか親鸞がらみの)言い伝えを持つ三度栗伝説があるそうだ。奪衣婆と石塊に気をとられ目に入らなかったが、きっとスグ傍に栗の木があったのだろう。

 
  1. 2008/11/19(水) 12:12:12|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

Re: 奪衣婆

死者に持たせる六文銭は三途の川の渡し賃だったのですか。また一つ賢くなりました。
あの世にはインフレはないようですね。

葬儀屋さんは饒舌ではいけないのでしょうが、このような事をガイドしながら仕事をしてくれる雄弁な人が居ても面白いと思います。
そんな事を思うのは僕だけかな?
  1. 2008/11/21(金) 07:08:38 |
  2. URL |
  3. ミントパパ #-
  4. [ 編集 ]

Re: 奪衣婆

>ミントパパさん
母方祖父母の墓がある寺の住職さんが、割とそういう…法事の時とかにお経の内容や法事にまつわる言い伝えみたいなのを、わかりやすく語ってくれる方だった事を思い出しました。お坊さんも、澄ましてお経だけ読んでると不思議と腹黒そうに見えたりますが、そんな風に噛み砕いて説いてくれるとアッサリ尊敬できちゃったりするものなような…確かに、そういう知識というかネタを持った葬儀屋さんなんて人気がでそうですね。
  1. 2008/11/22(土) 14:51:39 |
  2. URL |
  3. 禿生@管理人 #3un.pJ2M
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaminoyamania.blog87.fc2.com/tb.php/39-3061475f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。