上山かかし消化機構

名湯『かみのやま温泉』を有する山形県上山市の蕎麦・ラーメン等グルメ情報、イベント、街の風景など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

名代 笹原うどん

住所:かみのやま温泉駅 東口
営業時間:11:00頃~19:00頃
定休日:不定休
テーブル上の調味料:七味唐辛子多種(ニンニクとかユズ、ゴマ等)
ティッシュの有無:店内いくつかBOXティッシュ
駐車場:なし
画像:天ぷらうどん 500円、牛すじそば 600円、牛すじラーメン 600円、カレーうどん 600円

R0010891.jpg

いわゆる“駅前そば”的ポジションのお店だが、タクシーがたくさん停まりオミヤゲ屋や交番まである西口とちがい駐車場くらいしかない東口なので、人通りもまばらで出入りするお客の数も多くはない。店内は雑然としており、やさしげな年配のおばちゃんが1人で切り盛りしている。メニューは多いが、その日によってできないモノも少なくなかったり、時間のかかるモノもあるので急いでる時などは、はっきり「速くできるやつを」と申告しておく方が良いだろう。良くも悪くも、おばあちゃん家ぽい店なので雰囲気も含めて楽しむ心意気を持って入店する事をオススメしたい。

数年前、開店したばかりの時に訪れた事があったのだが、あの時食べた『天ぷらうどん』は、確か作り置きの冷めたカキアゲをポイと乗せた、まさに“駅前そば”なスタイルで料金設定も低めだった。なので今回メニューを初見した時「あら、値上げしたのか~」と若干ショックを受けた…のだが、とりあえずコレ系の店の基本でしょと『天ぷらうどん』を注文すると、注文を聞いたおばちゃんがやおらカキアゲ用の野菜を刻みだした!そっからですか?と驚く。丁寧に刻んだ野菜に衣をつけ、油で揚げ、青森から送ってもらっているという特製うどんで作られた天ぷらうどん…おいおい、これはひょっとするとひょっとしちゃうんじゃないの?

R0010853.jpg

と膨らみ過ぎた期待をあざ笑うかのように、火がとおりきってないカキアゲ、やわらかいうどん、ぬるめのツユ…いや、おいしくないわけではないが、少し期待し過ぎてしまったようだった。しかし、それとは別におばちゃんが「ちょっとコレ食べてみて」「昨日の残りだけど良かったら」と出してくれる小皿料理の数々!ゲソ天、青菜漬け、小松菜のおひたしにナメコの餡がかかったやつ、野菜の煮物…どれも味付け濃いめなので、天ぷらうどんに合うかと言ったら微妙だが、おばあちゃん家ぽい味で実においしかった。とにかく満腹で店を後にした。

数日後、最初に訪れた時におばちゃんがオススメだと話していたカレーうどんが気になって再来店。が、昨日忙しかったので、今日はカレーなしとの事。もうひとつのオススメである『牛すじそば』をお願いした。

R0010889.jpg

筋部分より肉部分が多く味のしもった牛すじがたっぷりのった煮込みはなかなかおいしい。太めの蕎麦も“駅前そば”のブヨブヨ麺よりワンランク上な感じで悪くない。そして、今回も「ちょっとコレ食べてみて」がズラリ!青菜とシラタキの炒り煮、ゼンマイと油揚げの炒り煮、青菜古漬け、ゲソ天(昨夜の残り物)、おでん(ミニチクワ、大根、厚揚げ)…最初に訪れた時に「青菜古漬け大好きなんです」と話した事を覚えてくれていて「はいコレ、好きだって言ってたでしょ」と出してくれたのが嬉しかった。帰り際「今度は、カレー作っておくから」と言われつつ店を出た。

R0010886.jpg

翌日も昼時に訪店…すごくおいしいというわけでも、安いというわけでもないのに惹かれてしまうのは何だべ…と頭を捻りつつ暖簾をくぐると、おばちゃんが少し気まずそうに「まさか昨日の今日で来るとは思ってなかったっけ、カレー今日もないんだ」と謝られる。いいんですいいんですとコチラも頭を下げつつ、壁掛けメニューに一品だけあって気になっていたラーメンメニュー『わかめラーメン』はありますか?と問うと「わかめはもうやってなくて、今は牛すじラーメンしか出してない」との事。や、わかめより牛すじの方が全然惹かれます!と注文。しかし、まあ麺はたいした事ないだろう…なんて想像。

R0010894.jpg

と、全然期待してなかったんだけど意外や意外!手打ち風のちぢれ麺がやけにおいしい!聞けばこの麺も青森から送ってもらってるモノだとか…スープは、ほとんどうどんのツユだが、牛すじの脂が麺にからまっていい感じであった。

R0010896.jpg

そして、この日も「ちょっとコレ食べてみて」の小皿がズラリ!ゼンマイと油揚げの炒り煮、小ナスの粕漬け、厚揚げに醤油かけたやつ、プチニンニク醤油煮、ふきのとう天ぷら。ふきのとうなんてワザワザ揚げてくれたのだ。会計時、「明日は間違いなくカレー作っておくから、来れたら来なさい」との言葉に「はあ…」と曖昧に返答。

しかし、結局翌日も暖簾をくぐる…抑えようにも抑えきれない期待を胸に!あの、野菜刻むとこから作るというカキアゲへのこだわり!牛すじのじっくり煮込まれたコク!きっとカレーも!カレーもスゴイはず!

R0010905.jpg

はい、期待し過ぎました。ツユ全体にトロミがあるようなタイプではなく、普通の家庭のカレーのような…大きめ野菜と豚バラ肉の入ったルーがうどんにデロンとかかった“This is 駅前そばスタイル”。しかも、何故か紅ショウガがのってる…ただ、うどんの茹で加減は最初に食べた時より全然良かったです。おばちゃんの言う「讃岐ほどシコシコではなく、ここいらのほど柔らかくない、モチモチしたうどん」という言葉に納得できる食感でした。

R0010902.jpg

この日も小皿が4つばかり…いつも誰にでも出てくるものなのか、常連認定していただけたので出してくれるのかはわかりませんので、これから初めて訪れるという方はあまり期待し過ぎない方がいいかもしれません。漬物しか出てこないという事もありうると思っていれば、色々出していただけた時に嬉しさもひとしおでしょうし…

他のメニューは、サラダうどん、焼きうどん(600円)、おにぎり(100円)etc... とにかく、おばちゃんの人柄と、このレポートを読んでいただいた方に伝わると良いのですが最初に書いた“おばあちゃん家ぽい店”という雰囲気を楽しめる方でしたら喜んでいただけるような、不思議な…暖かいお店でした。

 
  1. 2009/03/12(木) 12:12:12|
  2. 飲食店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/02/19(金) 23:47:20 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaminoyamania.blog87.fc2.com/tb.php/84-28874757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。